僕は写真が上手です。



そもそも上手いと下手の違いってなんだろうって。

SNSが流行してる今だから、フォロワー数とかいいね数なのかな?




そういう人もいるだろう。

これは否定的な言葉ではない。





あなたなりの「上手」や「楽しい」を見つければ良いのではないかって心底思う。










これは僕なりの、今の写真業界への提言だ。









流行って「できるもの」じゃなく「作られるもの」なんだ。

今あなたが当たり前だと思ってることは「誰かが作ったもの」だ。




明るくて、色が鮮明で、暖かい写真が流行ってるよね。

絶対どこかで見たことあると思う。




Instagramではこう並べたら伸びる。

「統一感」という言葉が、「撮りたい写真」を抑制する。




「こうした方が良い」が、「こうするべき」に変わっていく。

あなたの個性が、いつの間にか消えていく。









何かを肯定するときは、何かを否定するのが効果的な方法だ。

人はどう頑張っても、マジョリティに賛同する。








息苦しくてしょうがない。

終わりにしないか、こんな世界。








別にこの記事を読んでる人が、誰かを否定してるって言ってるわけじゃない。

もっと自分の「撮りたい」に素直でいいんじゃないか?って言ってるだけだ。

他人の「撮りたい」をもっと賛同してもいいんじゃないか?ってことだ。






街中でスナップを撮ろうが、

カップルを撮ろうが、

綺麗な女の子を撮ろうが、

無機物的なものを撮ろうが、


何を撮ろうがその人の自由だ。

「これを撮ってる人はこうだから、、、」って意識をやめようって話だ。









さっきの「上手い」と「下手」の話に戻るけど、僕の中で「目指す先がある」って条件のもと、上手いかどうかの比較があると思う。




例えば僕はブライダルの撮影を仕事としてしてるけど、先輩と僕だったら「先輩の方がお客様に喜ばれそうだな」って思って、「上手い」と思っている。




目指す写真家がいるなら、その人は「上手い」で、自分はまだまだ修行の身だろう。








つまり、「あいつは上手い」「あいつは下手」って他人目線からは判断できないってことだ。








「良い」と思った写真に対して「上手いね!」って言ってしまうことはあるが、ボクは誰かの写真に関して「アドバイスください!」って言われない限りは意見しないようにしている。



僕が見て「色温度青すぎるでしょ、、、」「暗すぎない?」って思うものも、その人にとっては100点かもしれないからだ。




その人が決めた100点に、関係ない人が点数を上塗りする権利はない。





もしドヤ顔で「あなたの写真ってこうですよね〜」っていう人がいたら、


大きなお世話だ。

お前の判断なんて聞いてない。


って言ってやれ。





あなたの「好き」を否定する権利なんて誰にもない。

もっと自分の「好き」を信じて進んで欲しい。




もし「好き」がわからないなら、とりあえずたくさん写真を撮ろう。

僕も4年という時間をかけた。

そしてまだまだ「好き」はわからないでいる。仮説はあるけどね。




溜まりに溜まった思いの欠片を吐露してみました。

みんな違ってみんな良いよねって、伝えたいことはそれだけ。



-----------------------------------------------

〈製作者〉

ARATA / Photographer


Instagram: https://www.instagram.com/arata_forcus/

Twitter:https://twitter.com/arata_forcus

-----------------------------------------------

111回の閲覧
  • Twitter
  • Instagram
  • Facebook

Copyright © ArataFukuda All rights reserved.